まずは求人を見る

まずはデザインを知る

パソコン

ウェブデザイナーは、人気の職種のひとつです。ウェブディレクターやコーディングの仕事も人気ですが、やはりデザイナーに憧れているという方は多いはずです。ウェブデザイナーは、デザインをするために常にいろいろな流行などにアンテナを張っておかなくてはいけなかったり、常にいろいろなウェブデザインを見て研究することが必要です。また、未経験からでも採用している会社はわりと多いですが、入社してから活躍できるウェブデザイナーになるまでには時間がかかるので、一人前になるには数年かかるとおもっておくことが大切です。まったくの未経験の方は、まずどんなウェブデザインがあるのかということを、把握しておくことから始めるといいです。

ポートフォリオを送る

求人を見つけて、応募しようと思った時に、できれば作品集などのポートフォリオを送ることがオススメです。ウェブデザイナーは、デザインが仕事です。なので、企業側はこの人はどんなセンスをしていてどのような作品を作ることができるのだろう、というところを見ています。もちろん、未経験でも採用さているところは、意欲や人間性を優先しているところもありますが、やはり可能であればポートフォリオを送るのが一番です。送るだけで、やる気があるということが伝わりますし、それなりに自分自身をアピールすることができるからです。作品がすぐに準備できないという方も、どんなデザインに興味があって、このデザイナーさんのデザインに魅かれる、など記載するといいです。